青森県の高校入試

過去の入試分析

【令和4年度 高校入試】

【国 語】

概略

  • 大問1 放送の聞き取り(16点)
  • 大問2 漢字の読み書き(14点)
  • 大問3 漢文(12点)
  • 大問4 論説文(22点)
  • 大問5 小説(26点)
  • 大問6 作文(10点

・ 設問の構成と配点は昨年と変化なし。

・ 大問3は漢文が出題(昨年は古文)。(3)は「守株」の意味を答えるのではなく,あくまで本文内容を答える必要があることに要注意。

・大問4は文章量が増(一昨年とほぼ同じ)。(5)では語句指定の記述問題。3語を使う問題が出題されることは珍しいが,本文中で該当する語句が使われる部分を引用すれば対応は可能。

・大問5は文章量がやや増。

全体の難易度は,昨年とほぼ同じ(昨年の平均点は66.8点)。平均点は今年度も60点を上回る見通し。

傾向分析

大問1は聞き取りの問題でした。ある中学校の生徒会役員会での話し合いを聞いて設問に答えるものでした。出題形式は例年通りで,放送内容をよく聞き,「誰」が「何」を主張しているかをしっかりメモする必要がありました。

 大問2は漢字の読み書きでした。読みの問題では「剝製(はくせい)」がやや難しいレベルでした。書きの問題では「補修」や「除く」は他の漢字と間違えやすい漢字ですので,要注意です。

 大問3は漢文の問題で,『笑林』と『韓非子』が出題されました。毎年大問3は古文と漢文が交互に出題されています。昨年度は古文でしたが,今年度は漢文でした。(1)は書き下し文を参考にして返り点を施す問題でした。下の文字から一字返る場合はレ点を使うということを理解していれば,容易に対応できる内容です。(2)は「問ふ」の動作主を答える問題でした。こちらは古文や漢文では頻出の問題です。(3)は【漢文】と【資料】の文中の人物に共通して当てはまるものを選択する問題でした。【資料】では故事成語である「守株」が取り上げられていますが,本問はあくまで登場人物の人物像を答えるもので,「守株」の意味を答えるものではないことに留意する必要があります。

 大問4は論説文で,樋口桂子『日本人とリズム感』からの出題でした。文章量は,例年より短めだった昨年度に比べてやや長くなっていますが,例年とほぼ同じ量に戻った状態でした。(1)は動詞の活用形を考える問題でした。その動詞がどのような言葉に接続しているか注目しましょう。(5)では三つの語句を使って答えをまとめる記述形式の問題でした。語句を三つも指定することは例年では珍しい傾向ですが,本文中で該当する語句が使われている部分を引用することで十分に対応できると思われます。(2),(3),(4)は例年通り,本文内容に関連した問題です。特に新しい傾向は見られませんでしたので,落ち着いて対応することで得点に結びつけられる内容でした。

 大問5は小説で,八束澄子『ぼくらの山の学校』からの出題でした。(1)は空所に当てはまる語句を選択する問題です。アゲハチョウのサナギの羽化を見守る「ぼく」たちの心情を考慮する必要があります。(5)はアゲハチョウのどのような様子から生き物が「弱いけど強い」と「ぼく」が感じたかを答える問題でした。アゲハチョウの羽化直後の弱々しい様子と,その後に飛び立つ力強さを指定字数以内にまとめることが要求されました。(2),(3),(4)では本文に登場する「ぼく」「たくと」「雄大」「センター長」の人物像を正確に捉えることができるかどうかがポイントでした。

 最後の大問6は作文の問題で,アンケートの結果をもとにして自分の意見とその理由を書くものでした。題材としては決して難しいものではありませんでしたので,比較的書きやすい内容でした。

 昨年と比較すると,大問の数と配点は昨年度と同じですが,想定通り大問3は昨年度の古文から漢文に変わっていました。一部で珍しい形式の問題が出題されたものの,難易度は昨年とほぼ同じでした。今年度の平均点も60点を上回るかと思われます。

阿部

【英 語】

概略

  • 大問1 リスニング(27点)
  • 大問2 整序英作文、和文英訳(14点)
  • 大問3 対話文、対話完成英作文、適文選択(13点)
  • 大問4 長文、要約文完成、英問英答、20語以上自由英作文(21点)
  • 大問5 長文、適文選択、指示語、要約文完成(25点)
  • 大問3は対話文問題で、対話完成英作文(昨年3点×3が今年2点×2)、適文選択(昨年2点×2が今年3点×3)
  • 大問4は文章量が増(昨年217語、今年242語)。(3)に20語以上の自由英作文。テーマの「あなたのお気に入りのもの」は比較的書きやすい話題。
  • 大問5は文章量が増。(昨年392語、今年463語)

傾向分析

 大問1のリスニングは前年の形式を踏襲しています。(1)の問題は絵と日本語のメッセージの中から選ぶ問題が3問中2問でした。(2)は、選択肢に注目して、あらかじめ必要なことをメモする必要があります。放送された英文が昨年の63語から今年は100語になりましたが、内容はほぼ例年並です。 (4)は例年通りの英語の質問に英作文で答える問題です。

大問2は資料と英文の問題でした。語数は215語で昨年から増えています。(1)の並べ替え英作文です。アは「SVOOの主語、動詞、人、物」の構文を使います。イはWhose+名詞で始まる疑問詞+疑問文、ウは「仮定法」の英作文でした。(2)は「種類」の「kinds」が問われました。(3)昨年までの大問4から移動しました。(1)の英作文は「間接疑問文」、(2)は「There is(are) 構文」と「形容詞的用法の不定詞」を使う英作文でした。

大問3は、英作文が昨年の3点×3から2点×2に、適文選択は昨年の2点×2から3点×3と問題構成と配点が変更になりました。前後の文の種類と動詞に注意して対話文を完成します。

大問4は、形式は(1)が去年と同じ、要約文に適語を入れる問題、(2)は英問英答、(3)は20語以上の自由英作文でした。比較的書きやすい話題だったと思います。

大問5は、形式は昨年とほぼ同じでした。 (1)は適文選択、(2)は指示語の問題、(3)は要約文完成の問題でした。                      

蝦名

【数 学】

概略

  • ・大問1 小問集合(43点)
  • ・大問2 作図,確率(16点)
  • ・大問3 空間図形,平面図形(16点)
  • ・大問4 関数のグラフ(10点)
  • ・大問5 規則性(15点)
  •  全体として,設問の構成は例年通りです。近年の傾向として,今年度も文章量が多く,時間配分がポイントです。解答までの過程の手順が多い問題が見られ,難易度はやや難化(昨年平均点54.7点)し,今年度の平均点は下がると予想されます。

    傾向分析

    大問1新傾向として,(4)で連立方程式の立式と解,新課程の単元から四分位範囲が出題されました。(1)も間違えやすい計算が多く見られました。配点は例年通り43点でした。

    大問2(1)は円の接線の作図,(2)は会話文の穴埋めで確率の問題が出題されました。方程式や約数が関連しますが,会話による誘導が助かった受験生も多かったのではないでしょうか。

    大問3(1)は立方体と正四角錐の体積に関する問題で,解答までの過程の手順が多く,解放手順の定着,正確な計算力が必要です。(2)アでは,ひし形の折り返しを題材とした合同証明が出題されました。イでは角度を求める問題(ア)と辺の長さを求める問題(イ)の2問出題され,問題数増加につながります。(イ)の図形の周の長さを求める問題では,二等辺三角形に気付けるかどうかがポイントでした。(ア)の角度がヒントとなっていました。

    大問4直線,双曲線,放物線のグラフの問題が出題されました。(1),(2)は基礎問題が出題され,(3)では,座標置換と条件を満たす値を求める応用問題でした。平行四辺形の性質とも絡んでくるので,配点は低めですが,最後の問題はレベルが高めでした。

    大問5カレンダーと誕生日に関する規則性の問題が出題されました。問題内容の説明が多く,図や例を参考に,正確に把握する読解力も必要です。(1)~(3)は資料を参考に求めることができ,(4)は文字におきかえた方程式の利用の問題でした。 

    佐々木

    【社 会】

    概略

    • 大問1 世界地理(14点)
    • 大問2 日本地理[中国・四国地方/近畿地方/関東地方](15点)
    • 大問3 歴史[飛鳥時代~江戸時代](15点)
    • 大問4 歴史[明治時代~現代](15点)
    • 大問5 公民[政治](14点)
    • 大問6 公民[経済](14点)
    • 大問7 小問集 (地理6点歴史4点公民3点 計13点)

    傾向分析

    ・大問1は世界地図を使った総合問題になっています。南アメリカ州の問題が2題、配点が5点とやや高くなっています。(3)の資料の読み取りは、グラフに書かれている州ごとの数字が読み取りにくくなっていますので、注意深く数字を読む必要があります。

    ・大問2はこれまでの入試問題と比べ、日本地図がなくなったこと、もう一つは3つの地方に関する問題が出題されていることに目新しさを感じます。しかし、出題内容は変更がありませんので、これまでよりも幅広い地域での知識が求められたようです。

    ・大問3は、年表を使った飛鳥時代~江戸時代の歴史の問題です。フランス革命のときの様子を表している絵画を選ばせる問題は、これまでになかった問題です。また、外国で起きた出来事の時期を覚えていないと解けない問題もあり、外国の歴史の配点が高くなっているようです。

    ・大問4は明治時代~現代の歴史の問題です。(5)の起きた出来事を並べかえる問題では起きた出来事が3つになっているなど、大問4の難易度は全体的に下がっているようです。

    ・大問5は政治分野を中心とした公民が出題されました。地方公共団体に関する問題が多いようですが、どの問題も基本的な内容のようですので、難易度は高くないと思われます。

    ・大問6は経済分野を中心とした公民が出題されました。教科書で重要語句になっていない「エシカル」を答えさせたり、企業の社会的責任の内容を選択させたりと、細かいところまで教科書の内容を覚えていないと答えられないようになっています。

    ・大問7は小問集になっています。(2)はイランが世界のどこにあるのかが分かっているとイスラム教徒が多いと判断できますが、イランの場所が分からないと解けないようになっています。同じように、(3)も旭川市、秋田市、上越市(新潟県)、鳥取市の場所が分からないと雨温図が選ぶことができません。どちらも選択式の問題ですが、難易度は高いと思われます。

    大問構成は例年通り。配点も例年と比べ大きく変わることなく、地理、歴史、公民で3分の1ずつくらいになっています。これまで出題されることがなかった、配点が4点の記述問題されています。記述問題の配点が22点あり、例年よりもやや高くなっています。 記述問題の配点が高いことや、答えにくい問題が多いことから難易度は例年並み、もしくは例年より難化していると思います。(昨年の平均点は64.0点)

    猪股

    【理 科】

    概略

    • 大問1 生物・地学小問集合(20点)
    • 大問2 化学・物理小問集合(18点)
    • 大問3 生物・中2 動物の世界(消化と吸収)(15点)
    • 大問4 化学・中1・中2 物質の性質(気体),化学変化と原子・分子(17点)
    • 大問5 物理・中3 運動とエネルギー(斜面を下る物体の運動,力学的エネルギー)(15点)
    • 大問6 地学・中3 地球と宇宙(天体のみかけの運動)(15点)
    • 設問構成,配点は例年通り。計算や作図がやや難しく,平均点は昨年よりも少し下がると予想される(昨年度平均64.8点)。他の問題の難易度は例年通り。基本的な設問が多く,過去問を中心に対策を十分に行った受験生には解きやすい試験であったと思われる。

    木村