男(相手)の為に借金はするな。金でつくった縁はロクでもない縁です。

 

男(相手)の為に借金はするな。金でつくった縁はロクでもない縁です。
46歳女性契約社員
内縁の同居者1名
300万円の借金
20代後半、当時つきあっていた相手の借金(使徒は主に博打)の返済が滞り、まだ若かったとはいえよく考えもせず、代わりに自分が消費者金融数社から返済用にと借金をしたのが誤りでした。その頃はかなりの収入もあり、他に物の購入などのローンもなかったので、しばらくは金融屋への返済も住宅家賃も生活費も滞りなく払えていましたが、その後、実家の介護をしなければならなくなり、転職を余儀なくされ、更に腰を痛めて3ヵ月程身体を動かせなくなる状況に陥りました。相手は一緒に住んでいたにも関わらず、毎月1万円程しか入金してくれない日々が続いていたので、非常時用の蓄えも底をつき、毎月の返済も利息のみとなってしまい、どんどん借金は増えていき、最終的に300万近くの借金に膨れ上がりました。身体が動かせるときは時間の空くかぎり、職種もこだわらず、基盤の仕事の他に深夜や早朝にアルバイトを入れて、ダブルワーク、トリプルワークをして凌ぎましたが、数年経過しても借金額はなかなか減らなかったため、任意整理で利息の減額をしてもらい、なんとか返済を終わらせました。
とにかく時間のある限り、バイトがあればすぐに出かけていき、毎日毎日働きました。一番せつなかった出来事は、トリプルワークをしている時期に、深夜バイトの帰りに居眠り運転で自損事故を起こしてフロントガラスを頭で割ってしまったことです。一晩時給820円×3時間=2,460円のバイトの帰りに起こした事故の修理代に12万の損害は『私は何のためにこんなことをしているんだろう』とつくづくばかばかしくなりました。身体の無理を通してまで働くものじゃないなといい教訓になりました。


このページの先頭へ戻る